『ジョアンナ・ラムリーの日本』はイギリスのテレビ会社ITVが制作したドキュメンタリーの旅番組。プレゼンテーターを務めるジョアンナ・ラムリー(Joanna Lumley)は日本での知名度こそ低いが、イギリスではコメディ番組などに出演する人気女優。若いころは『007シリーズ』でボンドガールを務めたこともある。
 番組では、ジョアンナ・ラムリーが北海道から沖縄まで駆け巡り、日本の魅力を全3回にわたって紹介した。
 1回目の放送では、北海道を訪れてタンチョウヅルを探し、札幌雪祭りに参加。秋田県にある秀吉という酒造店での大吟醸の酒を飲んだ後、山形県の羽黒山と東日本大震災で壊滅的なダメージを受けた福島へ。徐々に南下し、長野、そして東京へと向かう。
 2回目は東京を巡り、「仮面女子」のパフォーマンスとファンの熱狂に触れ、初めて地下アイドルの文化を目の当たりにする。白塗りのカリスマ・デザイナー「MINORI」と出会って最先端のファッションに驚いた後、京都へ移り、祇園で芸者の世界を覗き見る。
 3回目は日本の仏教を深く理解するために、四国でお遍路について学んだ。その後は新幹線に乗り、ロボットホテルなど日本の最先端の技術に驚く。さらに原爆が投下された長崎を訪れ、その後は桜島や沖縄の歴史と文化にも触れる。
 ザックリいってしまえば「女優が歴史と文化に触れながら日本を紹介する旅番組」なのだが、これがイギリスで大ヒットを記録したのだ。
さまざまな日本の一面を紹介した点が英国の視聴者に高く評価をされたようだ。放送されたのは2016年9月
Joanna arrives at Shibu Onsen in Nagano and goes to see the hot spring monkeys
Joanna takes a hot spring bath at Shibu Onsen
Stacks Image 198
Stacks Image 205
Joanna goes south from Akita to Mount Haguro, in Yamagata
Joanna visits the town near the Fukushima Nuclear Power Plant
Stacks Image 171
Stacks Image 181
Joanna visits the Hideyoshi Sake Brewery in Daisen, Akita
Joanna watches the "Fire Festival" in Kakunodate, Akita
Stacks Image 139
Stacks Image 146
Joanna arrives in Sapporo for the Snow Festival
Joanna drives to Hakodate
Stacks Image 112
Stacks Image 119
1. Joanna takes the ice breaking ship in Monbetsu in northern Hokkaido
2. Joanna goes to see the "dancing cranes" in Tsurui
Stacks Image 85
Stacks Image 87
Gogglebox の家族は今回2008年に公開されたアクション映画 "Taken" (96時間)を見ています。娘と電話の最中に娘が誘拐されてしまうシーンに、主役の Liam Neeson の有名なセリフが出ます "I will look for you. I will find you and I will kill you"。ハリウッド映画なので、もちろん言葉通りでハッピーエンドになります。
去年の10月に始まった番組 "This Time Next Year" は簡単なアイディアから発信しました。色々な人がオーディエンスの前で”私は一年後までこうなります”という約束を発表します。それでテレビ局のキャメラマンが定期的に約束の真皮を報告します。例えばやせられない人や赤ちゃんが作れないカップルなどそれぞれの人が全国のテレビにかけられるモチベーションで自分の夢を叶うかどうかという番組。今回の Gogglebox では James が登場します。彼は幼い頃からひどいどもり癖がある。1年後に彼の出身高校の皆さんの前でスピーチができるでしょうか。
Stacks Image 59
Stacks Image 70
イギリスの人気オーデション歌番組「ブリテンズゴットタレント」が注目されています。これまでに、スーザンボイルやポールポッツなど、様々な歌手を輩出してきました。「ブリテンズゴットタレント」というオーディション番組が2004年に始まりました。
下のビデオでは2つのアーチストが出ます。最初は Gogglebox の女性視聴者に非常に人気のカナダ出身のマジシャンのDarcy。そのあとは変わった社交ダンス組の Paddy and Nico。
番組の主番査員は元々音楽プロデューサー野Simon Cowell (コーウェル)です。Simon Cowell はアメリカでもいろいろな人気オーディション番組を制作しました (Pop Idol, X Factor など)。出場者に対する彼の厳しい批判はこれらの番組を有名にする理由の一つとなり、Cowell は"nasty guy Simon"として一躍有名になりました。彼のよく言うフレーズには"I don't mean to be rude, but …"(この題名で自伝も出版している)があるが、その後には出場者に対して中傷とも取られかねない手厳しい批判(パーソナリティから外見まで)が続くことが多いです。今回のビデォではこの厳しい口の Simon が見られています。
下のビデオでも Simon の批判が出ます。
Stacks Image 33
Stacks Image 35